おしらせ

まちむら廃校活用現地セミナーin京都・綾部(2015年2月14日)

まちむら廃校活用現地セミナーin京都・綾部(2015年2月14日)
http://www.kouryu.or.jp/events_seminar/machimura/2014haikou_ayabe.html

【主催】
一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構
綾部里山交流大学(事務局 NPO法人里山ねっと・あやべ)

【開催趣旨】

 一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構(愛称 まちむら交流きこう)では、廃校活用をテーマに2012年から二年間をかけて計11回にわたる現地セミナーを開催し、全国各地の多様な廃校活用の取り組みを紹介してまいりました。以後、当機構や現地セミナーにて事例報告を行った実践団体等に対して、廃校活用に対する問い合わせや相談が多く寄せられており、廃校活用を検討する地域住民や行政など関係者にとって、情報収集の機会が全国的に不足している状況にあります。 このようなことから、2012年の近畿地区での廃校活用現地セミナーの会場となった「綾部市里山交流研修センター(旧豊里西小学校)」にて地域づくりを実践する綾部里山交流大学(事務局 NPO法人里山ねっと・あやべ)との連携を図り、廃校活用全般に関する情報提供を行い、農山漁村地域の活性化を支援することを目的に、「2015まちむら廃校活用セミナーin京都・綾部」を開催いたします。

【日程】

2015年2月14日(土)10:00~17:00

【募集人数】

◆定員50名 ※参加申込締切 2015年2月6日(金)15:00まで、参加申込書をダウンロードの上、事務局宛にFAXをお送りください。
費用

◆セミナー参加費 金2,000円(※事前申込が必要です/参加費は、当日受付で現金にてお支払いください)


【開催場所】

綾部市里山交流研修センター(旧豊里西小学校/京都府綾部市鍛治屋町茅倉9)


【対象】
※どなたでも参加できます(廃校活用に係る行政職員・各種団体・一般市民及び地域住民等)


【その他】
◆開催当日の昼食(金1,000円)・交流会参加(金3,000円)・宿泊(金4,000円)をご希望する方は、予約制となっていますので必ず事前にお申込みください。


0900 ◆受付
1000 ◆開会
◇主催挨拶   山野昭二  一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構専務理事
1015 ◆Ⅰ 基調講演
◇主題    「持続する地域に向けた廃校活用」
◇講師     井上弘司  地域再生診療所代表執行役/観光カリスマ 
1145  休憩
1300  ◆Ⅱ 概況報告
◇主題    「全国事例から学ぶ廃校活用のポイント整理」
◇講師     熊野稔   徳山工業高等専門学校土木建築工学科教授
◇講師     畠山徹   一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構業務部参事
1415 休憩
1430 ◆Ⅲ 事例報告
◇主題    「徳島県三好市における休廃校等活用事業の取り組み」
◇講師     安藤彰浩  三好市企画財政部地域振興課課長補佐

◇主題    「京都府綾部市における里山ねっと・あやべの取り組み」
◇講師     朝倉聡   NPO法人里山ねっと・あやべ事務局長
1530 休憩
1545 ◆Ⅳ 座談会 (参加者との質疑応答、意見交換等)
◇司会     畠山徹   一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構業務部参事
◇講師     井上弘司  地域再生診療所代表執行役 
◇講師     熊野稔   徳山工業高等専門学校教授
◇講師     安藤彰浩  三好市企画財政部地域振興課課長補佐
◇講師     朝倉聡   NPO法人里山ねっと・あやべ事務局長
1645  閉会

1730 ◆交流



講師紹介


◆基調講演  井上 弘司 (地域再生診療所代表執行役)

1952年長野県飯田市生まれ。
長野県飯田市役所に勤務し、産業経済部エコツーリズム推進室長、企画部企画幹等を歴任し、2008年退職。同年、CRC合同会社(地域再生診療所)を開設し代表執行役に就任し、全国各地にて、観光・ツーリズム・6次産業化・雇用創造・中山間地域振興等の講演、年間指導を行っている。観光カリスマ百選(内閣府/国土交通省)、地域活性化伝道師(内閣府)、地域力創造アドバイザー(総務省)に選定。


◆概況報告  熊野 稔  (徳山工業高等専門学校土木建築工学科教授)

1959年広島県広島市生まれ。
豊橋技術科学大学工学部建設工学課程卒業。同大学院地域都市計画研究室を経て1982年より徳山工業高等専門学校にて勤務し、土木建築工学科/環境建設専攻科の教授を務める。専門は、地域都市計画・都市再開発・都市環境論・まちづくり村おこし論・環境マネジメント・観光計画・温泉街活性化・建築計画設計で、廃校活用と地域振興に関する研究に携わる。主な著書に「ポケットパーク」「木造廃校舎の利活用」「感動の田舎泊」他20編。


◆概況報告  畠山 徹 (まちむら交流きこう業務部参事)

1960年東京都目黒区生まれ
日本大学卒業後、建築設計事務所、コンサルティング事務所(旧日本コミュニティ研究所/日本クラインガルテン研究会事務局)での勤務を経て、財団法人ふるさと情報センターの客員研究員として出向。2001年、関係三団体の統合による財団法人都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)の設立に伴い、プロパー職員となる。現在、業務部広報情報チーム参事として、廃校活用、市民農園、空き屋古民家活用などをテーマとする地域活性化支援事業に携わる。

◆事例報告  安藤 彰浩 (三好市企画財政部地域振興課課長補佐)

1965年徳島県三好市(旧池田町)生まれ
1986年旧池田町役場に勤務。税務・建設・厚生・企画・教育委員会で勤務し、徳島県に出向。2006年市町村合併を期に、三好市役所福祉事務所勤務を経て、2012年より地域振興課課長補佐を務める。同課では、休廃校活用事業の専任担当を行うとともに、コニュニティ育成、地域活性化、地域公共交通、定住対策、サテライトオフィス、集落支援員・地域おこし協力隊、姉妹都市交流事業等の業務を行っている。


◆事例報告  朝倉 聡 (NPO法人里山ねっと・あやべ事務局長)

1972年京都府京都市(旧京北町)生まれ、綾部市育ち(旧豊里東小学校卒)
2008年NPO法人里山ねっと・あやべに勤務。2010年理事を経て、2013年より事務局長を務める。同NPOでは、都市農村交流事業(農業体験・農村体験、綾部里山交流大学事業、食事事業)、定住促進事業、情報収集・発信事業、指定管理(綾部市里山交流研修センター/旧豊里西小学校)等の業務を行っている。

———————-

◆綾部市里山交流研修センター
  住所:京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地
  電話:0773-47-0040 (管理運営:NPO法人 里山ねっと・あやべ)
<車の場合>
  →舞鶴若狭自動車道「綾部IC」より約10km、約15分
  →舞鶴若狭自動車道「福知山IC」より約10km、約17分
<バスの場合>
  市営バス(通称=あやバス)西坂線
  「JR綾部駅南」(綾部観光案内所前)⇔ 「かじや」
  乗車時間:約23分 1日4便

http://www.city.ayabe.lg.jp/ayabus/unchin/jikokuhyo/documents/nisizaka.pdf
http://www.city.ayabe.lg.jp/ayabus/unchin/jikokuhyo/nishizaka.html

RSS