• slide

【〆切】2017年11月(京都綾部編)里山生活デザイン学科(1泊2日)

【〆切】里山クリエイティブ講座~不透明な時代を里山でしなやかに生きる~

【〆切】綾部里山交流大学・里山生活デザイン学科
(11月・京都綾部編)1泊2日
里山クリエイティブ講座~不透明な時代を里山でしなやかに生きる~

神父

フライヤー・申込用紙ダウンロード

2017年11月「里山クリエイティブ講座」フライヤー
2017年11月「里山クリエイティブ講座」フライヤー・申込用紙(クリックでPDFを表示=30MB)

【デザイン】ミズタマート
https://www.facebook.com/mizutamart

趣旨

2017年11月25~26日(1泊2日)

綾部市志賀郷地区や上八田地区などで移住のうえ綾部暮らしをしている皆さんを訪問し交流予定。綾部での里山暮らしを実感できる2日間です。

<里山生活デザイン学科とは>
豊かな里山の地・綾部をフィールドに、綾部の農的実践者(先達)、田舎暮らし先駆者等から、土に根ざし、創造的に生きるための技術やヒントを講座や実習等で学んでいただくものです。生き方、働き方、暮らし方を最高すべきいま、ぜひ綾部においでください。

旅行企画

【旅行企画】MATA TABI(京都府知事登録旅行業)

MATATABI-LOGO

MATA TABI(工忠照幸・工忠衣里子)
http://guesthouse-couture.com
https://www.facebook.com/matatabi.travelagain/

MATATABI工忠夫妻

訪れた方が元気になって『また旅にでる』をコンセプトに地域資源を活かしツアー作りをしていきます。
<実施していること>・各種イベント開催(里山ツアー、音楽フェス) ・移住に興味がある方のご支援 ・まちライブラリー運営(登録済)
<興味あること>・教育事業@里山 ・空き家活用(シェアハウス・コワーキングスペース) ・特産品の開発/販売 ・海外への発信 ・海外からの移住者を増やす

■工忠照幸(くちゅうてるゆき)
大阪・吹田出身。19歳の時より約7年間で世界を2周。帰国後は、ホテルマンや海外添乗員を経験。37歳の時、大阪から京都府綾部市の上林地区へ移住。現在、「あやべ温泉」に勤務しながら、ゲストハウス運営、イベント企画を実施。趣味:登山、アニメ・映画鑑賞
■工忠衣里子(くちゅうえりこ)
大阪・堺出身。大阪でシステムエンジニアをしながら経営大学院に通い、綾部にも通う。システムエンジニアとして8年勤務し、2016年5月に上林地区に移住。綾部市役所の嘱託職員をしながらゲストハウス運営、イベント企画を実施。2017年経営大学院グロービス卒業(予定)。趣味:自然の中であそぶ、花道

出演者の紹介

201711月ゲスト予定者

【塩見直紀】
1965年、綾部市生まれ。33歳を機に、綾部へUターン。 2000年、「半農半X研究所」を設立 。21世紀の生き方、暮らし方として、 「半農半X(エックス=天職)」というコンセプトを20年前から提唱。 ライフワークは個人から市町村までのエックスの応援と コンセプトメイク。 

【工忠照幸】
大阪・吹田出身。19歳の時より約7年間で世界を2周。帰国後は、ホテルマンや海外添乗員を経験。37歳の時、大阪から京都府綾部市の上林地区へ移住。現在、「あやべ温泉」に勤務しながら、ゲストハウス運営、イベント企画を実施。趣味:登山、アニメ・映画鑑賞。

【多田晃さん】
 1953年生まれ 株式会社 今しぼり代表取締役社長。 大学卒業後、大阪の私立高校で、35年間教員として 勤務していました。あまり先生らしくなくて、 友だちのような先生でした。物理と情報を教えていましたが、 57歳で早期退職して綾部に移住してきました。 のんびり暮らすつもりが、年甲斐もなくIターン仲間と 仲良くなりすぎて、こんな立場になってしまいました。

【平田佳宏さん】
 1962年、香川県生まれ。青山学院大学卒業後、電通に入社。 2015年、勤続30年で退社し、夫婦で綾部に移住。 家と田畑などを譲り受け、無農薬・無肥料で コメや野菜を作りながら、週に3日は ローカル新聞社に勤務する。 綾部は縁もゆかりもない土地なのに、 不思議な引力に導かれるように住むことになった。 信条は「経済成長なきシアワセ」。 土に触れながら、できるだけ不自然なことをせずに 生きる道を進みたい。

【秋元秀夫さん】
 2010年に京都市内から移住。 農家民宿イワンの里を営んでいます。 今では綾部の魅力はまっています。 田舎暮らしを希望される方の宿泊大歓迎です。 綾部への移住希望者を全力でサポートします。

(動画のなかで塩見さん、工忠さん、平田さん等が紹介されています)

要綱

2017年11月25日(土)11:40 JR綾部駅北口集合
11月26日(日)15:30 JR綾部駅にて解散【1泊2日】

会場 綾部市里山交流研修センター(旧・豊里西小学校)
および綾部市内 ※綾部市内での移動手段=マイクロバス

<参加費>(1泊3食込)※当日現金払
18,000円(中学生以上)9,000円(4歳~小学生)
3歳以下無料(ただし布団・食事は保護者と共有)
※25日昼食や自家用車の場合の駐車場代など個人支出は別途実費
 ※遅刻早退に伴う代金変更なし

<定員>20名(先着順)※最小催行人員5名

<宿泊場所>
綾部市里山交流研修センター[個室でなく男性・女性ごとの相部屋]

<申込方法>
このページ下部の送信フォームから必要事項をお送り下さい

<集合場所への交通アクセス>
○電車の場合
JR京都駅から山陰線特急でJR綾部駅から約70分。(11:31着の特急あり)
○自動車の場合
舞鶴若狭自動車道「綾部」インターから綾部駅へ。もしくは京都縦貫自動車道「綾部安国寺」インターもしくは「京丹波わち」インターから綾部駅へ。

プログラム

アテンド=塩見直紀(半農半X研究所)工忠照幸(MATA TABI)

※雨天決行、ただし天候により内容が変更になる場合がありえます

●2017年11月25日(土)=1日目

11:31 JR綾部駅 特急電車到着(京都発10:25)

11:40 JR綾部駅 北口集合(小型バスで移動)

12:10 フィールドワーク1「タケマルシェ見学@移住が多い志賀郷」
※昼食タイム(各自支払)(綾部の人気店「竹松うどん」が、5がつく土日祝に開催)
https://ameblo.jp/takematsuudon/

14:30 フィールドワーク2「センス・オブ・ワンダーな里山村散策」
(小道をめぐり、古民家を見学、紅葉の里山を歩きます。ガイド:塩見直紀(半農半X研究所代表)

16:00 体験1 「里山体験 藁きり」
(稲木掛けしたわらを押し切りで切り、田へ還します)
指導・お話:塩見直紀(半農半X研究所代表)

18:00 里山夕ごはん(綾部市里山交流研修センター)

19:00 講義 「里山で半農半Xで生きる~21世紀の生き方、暮らし方を求めて」
お話:塩見直紀(半農半X研究所代表)

20:00 ワークショップ「自分のエックスをさがそう&ローカルデザインしよう」

21:00 交流タイム(みんなで夢を語り合ったりしましょう) 
宿泊 綾部市里山交流研修センター(旧豊里西小学校)


●2017年11月26日(日)=2日目

7:30 里山朝ごはん

9:00 体験2 「里の食の学校 今しぼり 醤油づくり体験」
指導:多田 晃さん(株式会社今しぼり代表取締役社長、農家民宿ばったり庵経営)
http://imashibori.com
http://www.page.sannet.ne.jp/atada/

11:00 フィールドワーク3「綾部での田舎暮らしのお話と移住が多い上八田町のミニ散策」
ガイド:平田佳宏さん(カミャータ)

12:30里山お昼ごはん(農家民宿「イワンの里」秋元秀夫さん提供)
https://iwannosato.jimdo.com

13:30 里山生活デザインフォーラム
(綾部に移住された方をゲストに招き、里山暮らしの本音トーク)

14:30 シェアリング(各自の気づきをみんなでシェア、夢を語り合います)

15:00 農家民宿イワンの里出発(小型バスで、駅まで移動)

15:30 綾部駅北口 解散※15:56発 京都行き特急あり

コンタクト

【イベント企画】綾部里山交流大学
※NPO法人里山ねっと・あやべを中心に、綾部市(観光交流課)、京都府中丹広域振興局、綾部市観光協会、京都大学大学院農学研究科・秋津元輝研究室、半農半X研究所の6者が連携し、綾部市団体補助金を活用して行なっている交流事業です。
連絡先=特定非営利活動法人里山ねっと・あやべ(綾部市里山交流研修センター指定管理者)
〒623-0235京都府綾部市鍛治屋町茅倉9
TEL.0773-47-0040 FAX.0773-47-0084

【旅行企画・実施・申込先】MATA TABI
京都府知事登録旅行業 地域-676(代表兼総合旅行業務取扱管理者 工忠照幸)
〒623-1124 京都府綾部市五泉町下ノ段16 FAX.0773-21-6745


(本件講座専用連絡先メールアドレス)
ayabelife★satoyama.or.jp
……ただし★を半角@に変えてください
※この電子メールアドレスはMATATABIおよび里山ねっと・あやべで共同受信します

詳細

【募集要項】
■開始日 2017年11月25日(土)
■終了日 2017年11月26日(日)
■旅行代金 18,000円(中学生以上)9,000円(4歳~小学生)3歳以下無料 ※遅刻早退に伴う代金変更なし
■募集人員 最大20名(最少催行人員5名)
■添乗員 同行します ■宿泊 1泊(綾部市里山交流研修センターにて)※男女別の相部屋
■食事 3食提供(11/25夕食、11/26朝食、同昼食)※11/25昼食は「タケマルシェ」にて各自実費支払
■お申し込みについて
 申込用紙を申込先にFAXないし郵送、ネットの場合は送信フォームから送信または専用メルアドに送付 https://ayabesatoyamacollege.net/2017/
■締め切り日 2017年11月20日(月)必着(下記キャンセル料の規定にご留意下さい) ※ただし定員である20名に達し次第締め切ります

【旅行代金に含まれるもの】
■宿泊費、食費(3食)、マイクロバス費用、ガイド料、体験料、保険料、消費税など(11/25の昼食、自家用車による参加の場合の駐車場代など個人支出は参加費とは別に各自実費支払です)

【催行中止について】
■最小催行人員に満たない場合、およびやむをえない天変地異などにより本講座の実施が困難な場合は、実施をとりやめる場合があります。

【お客様の事情によるキャンセルについて】
■お客様の事情によるキャンセルは2017年11月18日(土)~21日(火)の解除は参加費の30%、22日(水)~24日(金)は参加費の50%、11月25日(土)以降または無連絡不参加は参加費の100%のキャンセル料をお願いいたします。(別途、振込先をご案内いたします)

【注意事項】
■集合から解散までのプログラム中の損害についてはあらかじめ保険業者と契約した保険により所定の補償を行います。ただし集合までおよび解散後については補償対象外となります。
■記録および今後の広報のため開催の模様を写真・音声・動画などにて記録させて頂きます。気になる場合はご相談ください。

【個人情報の取り扱いについて】
お申し込み時および講座の実施期間中に把握する個人情報は、綾部里山交流大学の運営のためにのみ使用し、MATA TABIおよび里山ねっと・あやべ事務局が管理します。保険のため保険業者にも必要な情報のみ共有します。

【イベント企画】
綾部里山交流大学
事務局 〒623-0235京都府綾部市鍛治屋町茅倉9番地 特定非営利活動法人里山ねっと・あやべ
TEL.0773-47-0040 FAX.0773-47-0084

【旅行企画・実施・申込先】
MATA TABI
京都府知事登録旅行業 地域-676
(代表兼総合旅行業務取扱管理者 工忠照幸)
〒623-1124 京都府綾部市五泉町下ノ段16
TEL. 090-2018-4278 FAX.0773-21-6745

【〆切ました】

#
2018年3月17-18日
#
2018年3月3~4日 全国水源の里連絡協議会・綾部里山交流大学で分科会を開催
#
木育カフェ(2018年1月20日)木育子ども祭(1月21日)
#
森の京都の「天上の木」40選
#
【〆切】里山クリエイティブ講座~不透明な時代を里山でしなやかに生きる~
#
ラブファーマーズマーケットin Earth Gardenにて綾部PR