satoyama_rogo2020_2.png

FaceBook

2019/11/9 Open Life Cafe@kyoto ④

さまざまなコンセプトで「はたらく、いきる」プレイヤーとの交流会


【日時】

2019年11月9日(土)14時から16時まで

【場所】

京都ペレット町家ヒノコ

http://www.hibana.co.jp/kyoto-pellet/

【参加費】

無料

【内容】

「里山と街をつなぐ」をテーマに「京都ペレット町家ヒノコ」にて開催される市の一角をお借りした綾部関係者との交流会

【対象】

綾部や講師の興味関心あればどなたでも

【講師】
鍋島野乃花さん(地域おこし協力隊/コミュニティナース)

田中良樹さん(社会福祉法人松寿苑/理事)

1999年、大学卒業後Uターン。現在では理事を務める田中さん(社会福祉法人松寿苑)。秋田での看護師ライフから2017年に転身。綾部市地域おこし協力隊(コミュニティナース)の鍋島さん。最近では「マスタードノタネ(略称マスタネ)」と言う団体を設立。医療福祉人材のサードプレイスづくりを進めている。

https://www.facebook.com/masutanekyoto/

【コディネーター】
松井裕督

【申込】

Facebookより

https://www.facebook.com/events/358437211712825/


【開催報告】

■参加(智の交流人口)5名

■地方創生時代の「はたらく、いきる」を考えるオープンライフカフェ。さまざまなコンセプトで「はたらく、いきる」プレイヤーとの交流会も第4回シリーズの最終となりました。今回のテーマは「地域福祉のミライを考える」綾部で活動する鍋島さん、田中さんのリアルなお話しから、参加者からも様々なリアルなお話しが飛び出す、一座建立の場となりました。「地域福祉」については、今後も継続して医療福祉の「みなさん」と、市民活動者や地域活動者など出来るだけ多くの「みなさん」とでで、話し合い、学び合う機会をこれからも作りたいと感じました。